日々霜

本とかゲームとか雑記とか小説とか。好き勝手。

年末所感

「振り返る」とか「まとめ」とか、あまり得意ではないのと、しばーらくまともに心情吐露的なものをしていないので、書きたいことだけ書こうと思います。


2020年は、死が近い年だった。
私の場合、中学生くらいからタナトフォビア(死恐怖症)の気があって、ここ数年はマシになっていたんだけど、今年は感染症が猛威を振るうっていう、想像はしたことがあった世界の混乱が現実にやってきたので、どうしても死について考えることが多い年になってしまったなという心地。


後、死恐怖症とは矛盾しているかもしれないんだけど、生きることに向いていないな、とつくづく思った年でもある。死にたいのではなく、生きるのに向いていないな、と本当に息を吐くだけで思うし、寝ても起きても思う。思わざるを得ない。


今年、特に思ったのは、過去にあまり風邪以外の病気の経験がなかった自分がちょっと患ってしまったときのこと。
9月頭に、精神から来る(と言われている)けど原因は基本的に不明で、完治は難しい病気に突然なってしまった。
※こう書くとなんとも厄介な感じがしますが、12月現在、もう薬は飲んでいないし、症状も全然出ない、これ、完治といってもよいのでは?という状態にはなっています。


病は気からってよく言ったもんで、逆に体が弱ると心もばっきばきに弱ってしまう。
症状が出てから一週間くらいはずっと、「ずっとこんな状態が続くの?」「だとしたらどうするの?」と考えるくらいには辛くって、ほんと~にアホな話かもしれないんだけど、「神様から直々に、お前は生きるのは向いていないって烙印を押されてしまった気分だな」なんて考えていた。
ここからがよりアホなんだけど、なんでかって、症状が出ると辛くてゲームができないんですね。ゲームを色んなものの拠り所にしていたし、ゲーム以外にも映画やら文章読むやら書くやら頭と目を酷使する趣味しか基本的にはなくって、それらができない状況って、「マジで生きてる意味ある???」って思っちゃったくらいには追い詰められてたんですよね。日常的に当たり前にできていたことができないと人はそんなことを考えてしまう。
ちなみに酷い症状というのは主に目眩で、症状が軽いときに「ちょっとだけでも息抜きをしないとむしろ息が詰まってしまうから」という考えのもとちょっとだけApexをプレイしたらチャンピオン取りながらめまい発作起きて倒れるっていうマジで釈迦氏(某配信者)のことを笑えない事態が起きました。


まあ、処方箋やらなんやらでその症状は一週間でほぼ治ったんで一安心なんですけどね。体調や心情の激動と過去一外出のない一年で、本当気付いたら年末で驚いている。
症状治っても相変わらず生きるの向いてないな~とは思うし、年末に死が死がどうこう言ってるのもなんなんですけど、そういう年だったな~という所感。


来年も生きるのに向いていないな、と何度も何度も嫌になるほど思うのだろうけど、それでも多分、しぶとく生きているのだと思います。

その日の気分暮らしで、社会や仕事は嫌で、でも今夜食べる予定のラーメンやその後ゲームやるのは楽しみなんだよね、とか、そんな程度で。

そうそう、9月頭のそれからというものの、「週に1回なんか書く」という自分で勝手に続けていたことを途切れさせてしまったけれど、また来年書きたいことができたら色々書きたいな、と思います。好き勝手に。


良いお年を。

2020年12月6日 はんじょう配信 ダイヤを目指して#18【APEX】

【配信メモ】

2020年12月6日 はんじょう配信 ダイヤを目指して#18【APEX】
概要:おにやとAPEXやる
おにやをプラチナへ


お気に入りな配信過ぎて何度も見返しているうちに、ツイッチの仕様上2週間で消えてしまうのが惜しく、気付いたら会話の至る所をメモっていました。
自分用メモです。本当にただの自分用です。問題ありましたらすぐに記事ごと消去します。

 

アーカイブURL:


・開幕沼ジャンプ
はんじょう(以下、は)「おにやお前ジャンマスだぞ!(残り3人)」
おにや(以下、お)「大丈夫読んでる読んでる」
は「何を読んでんだよ?」

着地後
は「何このゴミみてえな場所!?」


お「レプリケーターでアーマー強化って有り?」
は「有り有り」
お「違うんですよここはバッテリーなんですよはんじょうさん。あなたマスターなんだからそこはすぱっと答えてくれないと」
は「お前、死ねや、なんでお前、問いただしてくるんだよ試合中に」


は「フラットラインと拡マガ3あるよ」
お「俺スピファ」
は「拡マガは使うっしょ」
お「じゃあ一応両方もらおうかな」
は「両方もらってんじゃねーか」


・プレイ時間 はんじょう<おにや


コメント「おにやってAPEXやってたんだ」
は「俺は裏でいつもおにやに付き合わされてるんだよ」
お「付き合わせるって表現よくなくて」
は「だって俺が断ってもさらに誘ってくるじゃん」


お「プレイで魅せる」
は「お前は喋りで魅せなきゃいけないだろ」


お「はんじょうが配信するならこの名前まずかったな」
TSM_oniya_Twitch
TSM=海外屈指の強さを誇るプロチーム
おにやはツイッチのアカウントを持っていない


は「お前TSM入ったじゃん、正式に」
お「公表してないからさ。チーム内に規約があって」
は「最俺とかTSMとか、そういうの好きだよなお前」


・定期:アザゼル山本のEMP(クロスプレイ特有?の異音)


は「レイスでマスティフ強いよ」
お「そういう流れあんまり好きじゃなくって。レイスでスナイパー持ちたい」
は「ええっ?」


・おにやが敵前のはんじょうを置いてドアを閉める
は「お前閉めんじゃねえ、殺すぞ」


は「俺ら二人がガチで仲悪いと思ってる人がいるのやばいよな、あの切り抜き(https://youtu.be/dduQZsDsMJk)の力やべえな」
お「でもマスターいっちゃってるからな、友人とは言いにくい」
は「じゃあなんであんな誘ってくるんだよ、APEX」


は「お前さっきテルミットあたって死んだべ」
お「いや、フォーカス浴びて死んだ」
は「嘘つけ、お前の部屋燃えてたの見たぞ」
お「いや、1on3だった」
は「お前本当そういう単語ばっか覚えてるよな、俺が1人落としてるからそもそも3いないんだよ」


お「あいつらすげえ、なんか、連携組んでるわ」
は「ナイス報告、その報告でかいよ」


お「2、2、2!2入った!」
は「2?」
お「グレで2ってバグか?」


今度もこう先生呼ぼう
お「もこうさんゲーマー気質だからきっとうまくなる」


配信外でおにやに地の果てでジャンマスを譲られた話


お「配信だから多少綺麗にね」
は「暴言とか吐かないってこと?」
お「暴言は普段から吐かないけど」
は「お前ふざけんなよ、ぜっったいボロ出るから最初に言っといた方が楽だぞ、キャラ作りやめろって、お前悪魔じゃん」


は「おにやは礼儀正しいやつみたいになってるけど絶対いずれ俺にひっくり返る」
は「おにやは、常識無くはないけど、オカシイ」


は「おにやと女の話を一度もしたことがない」


お「パスファ、前はんじょうが使ってたから、俺が使えない理由はない」
は「そうだな、おにやの方が俺よりゲームうまいじゃん」
お「そうだと思ってるんだけどね」


お「ハンポマスティフって有り?」
は「狂ってるね頭が」


・おにやのみ死亡したが撃ち合い勝利
お「すごい、フォーカス浴びたんだよねえ」

お「正直今のは倒したかった」
は「でも、削ってくれた?」
お「一発も当たってない」
は「それは……褒めるところねえわ、流石の俺も褒めれねえわ」


・沼ジップにより死亡
は「なんだこのクソジップ」
は「しかもめんどくせーところで死にやがって」
は「人工のジップ使えばよかったのに」
は「お前の友達もお前のジップ使ってないぞ」


お「あそこ登れないっけ。不具合じゃない?」
は「お前のジップが悪いんだよ、自分のミスを不具合って言うな」


リスポーン後はんじょうの荷物を漁るおにや
は「それは俺のだよ!あっちいけバケモノ!」


は「今のとかなんで負けたのか考えると勉強できるよ、今なんで負けたと思う」
お「俺がブラハじゃないから」
は「どゆこと?」


・チャンピオンが爪痕持ってる
お「代行か?」


コメント「はんじょう今日おにやに優しい」
は「俺はいつもおにやに優しい」


お「スキャンしたけど出てない、バグかな?」
は「そういえばお前、前むじょるさんと一緒にやったときにキレられて、お前ブラハやめろって言われてなかったか? 今思い出したわ」


お「彼(アザゼル山本)、内気なところがあって」
は「おにやと相性ぴったりじゃん」


おにやともこうを誘ってCRカップに出ようとしていたはんじょう


お「Vtuberってどうやって会話するの?絵を経由するわけではないってこと?」


は「おにやと遊ぶ実況者とかいないでしょ、お前終わってんじゃん色々と」
は「皆お前のこと癖あるって言うよね。まず他人を認めないじゃん」
お「認めてるよ、はんじょうを認めてないだけで」


は「おにやまた今度あまんがすやろう」


お「今武器結構しっくり来てるわ、この編成」
は「いいね、何と何?」
お「RE45とスピファ」
は「RE45とスピファ!?」


かものはしはデッキメイキングセンスがすごい
お「俺はシャドバしてるときエゴサして他人のデッキパクってた」


お「スマホ版APEX出てほしい」


お「1000時間やってるけどゴールド2が適正なのかも」


加藤純一助言による後輩軍団のツイッチスタート事件
は「俺らが一斉にツイッチ始めたの、マジで案件だと思われてたらしいよ」
あのタイミングでは始めなかったおにや
お「俺あのとき喉が調子悪くて」


おにやが生放送でペクスやったら需要あるって話
お「長時間放送とかやらないとダメかなって、でも100時間ペクス生放送やるより95時間別のゲームやりこんだ方が総合的なアレになるかなって」
は「お前、二度とやるとか言うなよ生放送」


は「おにや何で死んだの?流れ弾?」
お「すごいフォーカス浴びた」
は「フォーカス俺にきてたと思うんだけど」


は「おにや、撃ち合うとき止まってるから当たるんじゃない?」
お「止まってるっていうかねえ……うん一理ある、うん一理ある」


お「もこうさんのペクスがおもろい」
は「ブロンズで味方に文句言う人いないからめっちゃおもろい」


はんじょうが敵をダウン
お「あ~~今のしゃぶらせてほしかった、今のキルポほしかった……」
は「だいじょぶだいじょぶ」


アザゼル山本→おにやのPS4を受け継いでアカウントを変えずそのまま使っている人


お「空腹だから、ぼちぼち飯食いに行っていい?」→その後1時間半配信
お「空腹じゃなければエイムもっとよかった」
は「お前さっきまで空腹じゃなかっただろ」


は「おいジャンプだぞお前」
お「見てる」
は「もう俺らしかいないぞ!」
お「読んだ、ここ敵いない」→敵いる


お「敵は漁るのに20秒かかると思うから、1分50秒になったら出よう」
は「考えすぎだね、そうやって死ぬじゃんお前いつも」


お「俺カバーいけるいける」→いけない


アザゼル山本のバナー1秒間に合わずリスポーン受け付け終了


は「いいから左いけ!左!前は敵いるから!左!ターンレフト!だから左だよ、そっから見たら右!」


コメント「おにやは1000時間中950時間は座学してたんじゃないか」


お(ゴールド)「はんじょうをダイヤにいかしてやりてえよ」
は(プラチナ)「俺をダイヤにいかせようとしてくれてたの!?」


おにやのジャンマス譲りが遅い件
は「自分で飛べばいいんじゃない?」
お「俺ジャンマス下手だからさ、かぶっちゃって負けるから」
は「でも譲られると、俺の所為にされるんだよな」
お「まあそうだね。責任逃れかもしれないけど許してくれ」


は「俺がダイヤ3いったらやろうぜ。俺のポイント溶かしていいよ」
お「いや、あげるあげる」
は「笑」


はんじょうプラチナ2から3に降格
は「次行こう。APEX楽しいね」
お「反省会案件…(小声)」
は「なに?」

は「おにやの所為じゃないからね、俺が撃ち合い勝てばいいんだから」


前半でおにやが「こんなにやってるけど、ハンマーとれないのよ」と言っていたが、レイスでハンマー持ってることが判明
は「おにやお前ハンマー持ってんの?」
お「バレた?」
は「お前やっぱキチ●イだな」


・二人のFPS歴史、学生時代
おにや→家でやると怒られちゃうから塾サボって地元のネカフェでFPSやゲーセン
はんじょう→大学生までPC触らず、お金のかからない遊び(中学生でもケイドロ、鬼ごっこ、缶蹴り)


おにや、22時以降もゲーセンにいたことで警察に見つかり、親に怒られて泣く


は「昼休みサッカーとかやってたよ」
お「そういうやついいなあと思ってみてたよ、なれない自分だなって」
は「でも体育の時間とか皆で仲良く」
お「ストレスだった」
は「それは相手が悪いんじゃない?絡み方とか」
お「過剰なストレス」


お「一部はんじょうの視聴者には伝わると思うよ、明るさが太陽みたいで、近寄らないでほしいの」


部隊全滅→お「雑談やめよう!思い出しちゃったもん昔のこと」→やめない


は「体育の授業とかさ、パスとかまわしてこなかった?」
お「まわしてくる」
は「じゃあいいやつじゃん」

お「なんだろう、クレーバーいらねえっていってんのに渡してきて、3発に1回しか当たらないのにめっちゃ当たるやん!って言ってくる感じ。きつくない?」


お「雑談はやめよう、バスケの話はやめよう」
は「バスケ、ちゃんと教えてくれる人いれば楽しいよ」
お「今はその話をすべきではない、周りに何部隊いるかとかそういう……」
は「バスケ面白いって皆いってたよ」
お「バスケきつくない?」
は「のってきてんじゃん」
お「指つるじゃん」
は「やり方教えれるから、大丈夫だよ」
は「時間取り戻さない?俺と一緒に。高校の時の」
お「その話で2時間話せそうだわ。高校時代の青春取り戻せないか、去年と今年ちょっと頑張ったけどダメだった」


は「お前と遊べる人間なんて本当にいないじゃん。お前ってゴミじゃん。本当にやばいじゃん」
お「めっちゃ言ってくるじゃん」


お「配信外だと下の名前で呼んでくれるのに」
は「じゅんきって?本当にお前嘘つきだな」
お「乾杯!はいイッキって」
は「俺がイッキすすめてるって?最低じゃん。お前そういう絡み方嫌いだろ?」


お「リア友って表現好きじゃない」
は「それはお前がリア友いないからだろ」
は「お前友達いないじゃん」
お「何リアルって。はんじょうのリアルはどっちなの?」


は「なんとなく今の会話で、お前とこーすけさん(最終兵器俺達)は合わないなって思った」
は「俺は耐えれるんだよ、お前のそのねちゃねちゃしたやつ」


は「こーすけさんと話してなくない?」
お「一緒に飲んでるとき、挨拶してるし」
は「挨拶は話してるとは言わねえんだよ」


は「席も遠くない?一緒に飲んでるとき、お前が本能的に避けてるんじゃない?」
お「俺は話しやすい席座ってる」
は「本当?お前大体俺の隣じゃね?」
お「そうね」
は「そして大体向こう側にかものはしがいる」


お「でも俺こーすけさんとゲームの話とかしてる」
は「それは別にお前に向けてしゃべってなくない?」
お「8人いて誰々に向けて話すってなくない?」
は「あるよ、お前俺と二人で喋ったりするじゃん」


は「俺毎回飲み会で目標あんだよね、誰と誰仲良くさせたいとか」


お「そういう俗世間の常識は捨てるべき、君は」
は「お前、世間のそれを捨ててるから友達できないんだよ」


お「友達ってなんですかはんじょうさん」
は「友達とはというのはどういうことですか、それは友達で悩んでるやつが言うセリフ」

お「困ってはないよ、今この瞬間楽しいもん」


お「でも本当にYouTubeはじめてよかった、はんじょうとかにも出会えなかったから」
は「そういうの大事だよね」


お「俺この性格だから、一個歳が上なくらいで先輩、とかすごい嫌だったの、大学入っても。敬意が持てないのよ」
は「わかるよ、俺もそのタイプだから」
お「でも、このYouTubeやって出会った先輩って、もう心の底からリスペクトできる」
は「あそこの先輩たちは尊敬できるってことね」


お「自分の性格嫌だなと思うのは、何言っても本心じゃないと思われる」
は「気にしてんの?」
は「おにやのことわかってくれる人はいっぱいいるよ」


お「あんなあったけえ先輩たちいないぜ。本当ありえないくらい思う」
お「ニコニコ出身の人のあったかさは違う、本質が違う」


は「おにやってタメの友達いるの?」
お「リアルで一人だけ。ネットは、はんじょうくらいじゃない?」


お「先輩と遊ぶ方が楽しい」
は「どっちも楽しいかな。大勢で遊ぶの好き」
お「ダメだ、引退しろ、配信者を。君は大事なものを捨ててしまっている」
は「なになに、言ってみて」
お「あーっ!」敵に撃たれる


は「おにや、大事なものって何?」
お「大事なもの?」
は「大事なものが欠けてるっていってなかった?」
お「世界観」
は「というのは?」
戦闘になり中断


お「あはは、俺がめちゃくちゃやべえやつみたいになってるな、誤解されてる。違うんだ」
コメント「やべえよ」「やべえやつだよ」「そうだよ」


は「世界観、というのは」
お「はんじょう発信では俺やべえやつみたいになってる」
は「いや、世界観がおかしいってなったから、それの説明だけしてくれれば」
お「俺世界観って言ったか、さっき」
は「あ、覚えてない!?」


・ラストマッチ
戦闘で撃ち負けるおにや
お「はんじょう、APEX辛い!はんじょう!」
お「ゲームとは思えない」
お「つら…」


お「はんさん…」


お「ごめんなさい、散々ポイント溶かしたあげく…」


は「またやろう」
お「こちらこそなんか、アリガトウゴザイマス」


お「オツカレサマデース」
は「なにそのキャラ、おにやの」

 

9月-10月に色々届く&最近買ったもの

数ヶ月前から予約しているものが、そろそろいくつか届くことに気付いたので、わくわくするために残しておくやつです。

 

そろそろ届くもの


・バチンウニのぬいぐるみ

発売が先だったでかいの(ほぼ等身大サイズ)は届いていますが、先に発売を予告されて予約していたちいさいのが近々届く予定です。
写真でしかまだ見てないけど、表情とフォルムが出来よさそう。でかいのに乗せたい。

 

でかいの↓

f:id:shimodoro:20200902193156j:image

それにしてもバチンウニ、決してそこまで好きなポケモンじゃなかったはずなんですが、一度育成して対戦パーティに組み込んでからというものの、色厳選もしてしまったし、やたら好きになってしまいました。9月からの新ランクマでも活躍なるか。


・ミッドサマーのBlu-ray

今年の2月あたりから私の心を掴んで離さなかった映画のBlu-rayがついに来ちゃう。
特装版の予約後、何の因果か、公式企画で1名様のみに当選だった通常版Blu-rayを当ててしまうという豪運を発揮したので、特装版と通常版が両方来ちゃう。保存用と布教用にしようかなと考えています。

おまけ:この映画に囚われ、通常盤、DC版で二回も一万字くらい書き綴ってしまった約一万字のnoteはこちらです。

 

・moonのサントラ

moonがスイッチで発売することが発表されて絶叫したニンテンドーダイレクトが遠い昔の話のよう。今度スペシャルパッケージも発売しますけれども、本当に2020年なのか今は……
スペシャルパッケージ版予約すべきか否かずっと迷っています。近年、私は大人なので……などとほざきながら色んなものをぼかすか予約してしまう病気がありますがたまには悩みます。いやでも悩んでる時点で負けな気がする。


・マンガ+ドラマCD
これだけアバウトだなおい、となるんですが、所謂私自身古いオタクなので、なんというか、日の目を浴びすぎるのもどうなのかなという考えを持っており、商業とはいえあまり大々的におすすめするのもあれだなと思い伏せています。でもめちゃくちゃおすすめしたい気持ちがあります。勘の鋭い方だけわかると思いますが、9/19に最終巻となる3巻と、ドラマCDが同時発売される、スピンオフ作品のあれです。知りたい方は直接聞いてください。


PerfumeBlu-ray

2020年2月25日に行われたPerfumeの東京ドーム公演の円盤です。
何度かツイッターやブログに書いておりますが、私はこの次の日の2月26日に行われるはずだった最終公演に参加予定でした。しかし、政府のイベント自粛要請が出された当日であったために、開場のほんの数時間前に中止が言い渡され、涙を流したのでした。そんな、見るはずだった公演。に一番近い公演を、Blu-rayで見るべきなのかどうかもの凄く悩んだ。トラウマになりそうで。でも、でも…、と思いながら購入。
見たら泣く気しかしない。


スピッツBlu-ray

スピッツの円盤、全部集めたいのでちょこちょこ増やしている最中です。
私が「とにかく好み一点直球ど真ん中の男性」と感じているスピッツベースの田村リーダーというイケオジがおり、彼の暴れ踊り狂うベースがスピッツライブでは毎回魅力的なんですが、このツアーでは8823で演奏しながらおにぎりを食べるシーンが収録されているので手に入れなきゃ……!となりました。
ぱふゅむ、スピッツはちなみに、お誕生日クーポンとまとめ買いクーポンでめっちゃ安く購入できました。HMVさんありがとう。

 

 

上はまだ届いてないものたちですが、最近買った物もいくつかおまけで貼っときます。

 

最近買ったもの


・バブ 爽快シャワー エキストラクール

近年夏は毎年買ってる。これ塗ってお風呂上がると身体が凍る。夏の風呂上がりをめちゃくちゃヒヤっとさせてくれるニクイやつ。
マンモスもシロクマも使ったことあるけどどっちも涼しい。違いがわかっていない。


・エクセルアイシャドウ リアルクローズアイシャドウ×2

「オーロラプリーツ」「チェリースカーフ」二種類一気に買っちゃってる。ていうかリアルクローズアイシャドウは他にも三種くらい持ってる。全部使い切ってない。
なぜ人は目が二つしかないのにアイシャドウをいっぱい買うんでしょうか。いや、化粧品全般がそうだけど。
色味がかわいいとなんかもうただただ雑貨的な可愛さで、パレットのつもりで買ってしまう……全然関係ないけどパーソナルカラー診断一回は行ってみたい気持ちあります。似合う色を教えてくれ


・サボン ボディスクラブ マンゴーキウイ

サボンのボディスクラブはムスク→バニラと使っていて、ムスクが圧倒的に匂いが好きなので次もムスクかなーなどと考えていたんだけど夏限定ってのと爽やかでまさにマンゴーとキウイ!な匂いに惹かれて買っちゃった。サボン、洗顔、ボディスクラブ以外も使ってみたさある。使ってると女の子になってる気分。

 

餃子の王将パンツ

f:id:shimodoro:20200902193656j:image

餃子の王将パンツ。

 

以上です。

 

 

 

自分のことなど基本的に誰も見ていない

基本、自分のことなど誰も見ていない、ということを前提に色々な物事を考えているし進めている。


ただ、矛盾するかもしれないけど、自分自身はそこそこ、興味の沸いた他人のことを見る人間だ。それも、勝手に期待したり勝手にがっかりしたりする。でもそれが自分の勝手な感情だとわかっているから、本人に伝えることはない(親しい間柄だったら注意として行うことはあるかもしれない)。そして私に限らず、他人に口出しする人というのは、かなり大きなコミュニティじゃないとなかなか見られない。逆に言うと、有名人のツイッターにはほぼ確実に自分の意見が正しいマンとか聞かれてないけどお気持ち表明マンとか、所謂「クソリプ」が沸いている。
というところで、基本的に自分のことなど誰も見ていないし、見ていたとしても、有名人でもない限りは、自分の行動を他人に咎められることは基本的に、ない。


私自身、誰も自分のことなど見ていないことに救われたことがある。学生時代の文化祭のときのことだ。
北海道の文化祭の出し物として定番なのは、よさこいソーラン節だろう。クラス対抗で、オリジナルの振り付けを披露して審査してもらうものだ。メイン種目ということもあり、各クラスごとに集まり、朝練や放課後練習を繰り返し行っていた。本番当日の朝ももちろん、練習は欠かせない。
そんな文化祭当日の朝、私は思いっきり寝坊した。遅刻、朝練はとっくに終わっている、もうダメだ、クラス中が私を軽蔑の目で見る、と絶望に打ちひしがれた。その結果、もう文化祭には行かない、というところまで私の思考は飛躍しかけていった。
それを止めたのは姉である。「そんなことで、学生時代しか味わえない文化祭に行かないのは絶対にもったいない」「朝練サボったくらいで誰も咎めない」と私をまっすぐ説得した。今思えばもう、絶対的に正論なんだけど、私は何度か渋り、でも姉の圧に耐えかね、少し遅れた開会式の途中から無事文化祭に参加したのであった。周りのクラスメイトにごく普通に挨拶をして、ごくごく普通に会話して、開会式を見て。到着して五分も経てば、何を気にしていたのかよくわからなくなっていた。
それから十年以上は経つけれど、未だにこの経験を思い出す。私はあのとき、大分勝手に一人で悩んで、姉の言葉で救われて今に至る。


また、誰も自分のことなど見ていないことを書きつつも、誰かが見ていることで救われたことももちろんある。
誰も見ていない、と言いつつSNSやブログに公開するのは、誰も注視していないかもしれないけど誰かがたまたま見るかもしれないから、まあ見るんだったら見てくださいね、という気持ちがある。書いたなら公開しないと気が済まない、などと以前書いたけど、私にとっての自己顕示欲は多分そんな感じでなんとかまわっている。好き勝手に書くことで満たされるものが何かしらあるのだ。

 

などなど考えているけれど、当時の私がそんなに周りを気にしていたというのも、「なんでそんなことを気にしてたのか」とも思えない。学生時代というのはその学校生活が、クラスメイトが、やたら大層なものだと思い込んでしまう傾向があると思うからだ。
というところで、以前私が完全に寝坊して会社の始業開始時間に起きて「寝坊したので今から行きます」と会社に電話した後のツイートでしめたい。




随分図太くなってしまったものである。
これはこれで問題があるけど、書いている通り、思考的にはわりと楽。

 

Apexのレジェンド印象とか

RAGE観たか、俺すっげー感動した!

 


先日RAGE × Legion Doujou CupというApex Legendsの大会が開催されましたね。

 

 

国際大会を前にしたプレイベントで、出演者は芸人やらゲーム実況者やらVtuberやら歌い手やらとバラエティーに富んだメンバー。しかし、知名度や人気だけで選ばれただけではない、実力も兼ね備えた豪華メンバー。ドラマが起きないはずがない。

 


今回に限らずですが、好きな人たちが、同じ畑にいるけど普段は絡まないような人たち、またはまったく別の畑の人と絡むみたいなイベントが大好きです。大会ってわくわくする。M-1キングオブコント幽遊白書の暗黒武術会……なんか全く良い例えが出てこないけど。とにかく楽しくて、いろんな人の視点から見返しています。

主に加藤純一氏を目当てで見ていましたが、司会がジャンポケなのも嬉しかったし、すももさんや蛇足さんなど、よく知ったライバルたちや、普段交わることのなかなかないVtuber、歌い手、アイドル、芸人などなど、多種多様。そんな人たちが一つの戦場に降り立って戦うのは燃える。

加藤純一チームは、明らかに即席な、どうしてこの3人に???という編成だったにも関わらず前日の初対面練習から素晴らしいチームワーク。ゆふなさんの芸術としか言いようのない強強美技に、総長ウララさんのうっかりちゃっかり弟分っぷりに、我らが大将加藤純一が交わった結果、最高に楽しかったです。もしかしたら当初は客寄せパンダだったのかもしれないけど、最後の勇姿は考えても客寄せパンダじゃなかった。大会結果は惜しくも2位(途中まで1位)でしたが、本当に見れてよかった、と拍手しまくりたい。

 

https://youtu.be/5TDspWyvv0s


あの伝説のPUBG SPマッチ MSSP,加藤純一,幕末志士,我々だ,ナポリの男たち|ニコニコインフォのときみたいな興奮が少し蘇った心地。いや、とはいえ、あのときのメンバーと興奮はさすがに歴史的すぎるから比べられないけど!

PUBG杯の開催元だった幕末志士は解散したけど、永遠に第2回目の開催を待っています。あの第1回がどれだけ伝説的でドラマティックで、次回開催があっても超えることはないだろうなと思いつつも、でもそんなのどうでもよくって、とにかくまた集まってなんかやってくれないですかね豪華実況者の皆さん、という願望があるだけですが。いやー同窓会、いつかまた。本当に。そのためには幕末が絶対必要なので。

 


話がそれましたが、今日はApexの話です。

Apex、私もへたくそですがやっています。そうです加藤純一の影響です。

加藤純一を見て始めたゲームって多くって、DBD、PUBG、マインクラフト、そしてApex。他にもあるかもしれない。

でも、実際に自分がプレイし始めたことで配信がより楽しくなったのはApexが群抜いてるかもしれない。Apexやっててよかったーー!!

 


バトロワゲーは流行物だからどんどん次世代に移り変わるし、すでに代わりっぽいのが出てきているのもわかってはいるんだけど、なんせ無料だし、今度スイッチ版も出るし、クロスプレイ対応も控えてるから、ちょっとでも興味があるならApexとりあえずみんな手を出してみるのがいいんじゃないかなと思います。

とにかく三半規管弱いマンの私は、そもそもApexなんて酔って酔ってできるわけないと自分で決めつけていて、「チュートリアル終わるまではやってみるけど多分無理だろうな」などと考えました。

そんなことを考えながら私が初めてApexに手を出した日、休日だったんですけど、チュートリアル終わって、あれ、酔わないな大丈夫だな……とやり続け、気づいたら6時間くらい経過してたんですよね。びっくり。

 


酔わない理由は不明ですが、本当に、ブランコちょっとこいだくらいでも酔う私がなぜか酔わないでプレイできているので、とりあえず酔いそうって心配な人でも始めてみてもよさそうです。なんせ無料だし。ダメだったらやめましょう。

人生でFPSをこんなにやったのは初めてです。えー、全然うまくならないけど。

 


そんなApex、プレイヤーはレジェンドと言われるキャラクターを選んで操作するんですが、彼らがほんと個性豊かなのも良いんですよね。ということでレジェンドの印象を気づいたらメモ帳に垂れ流していたのでそれを置いてゆるっと終わります。

わりーとまんべんなく使ってると思う。ただ悲しいかな、得意キャラはいません

 

勝手にApex Legends レジェンド印象

 

Apex Legends - キャラクター- EA公式サイトに関する勝手なイメージです。


パスファインダー

とにかくかわいい、円に入るためのジップや攻めのジップが便利!特にワールズエッジ!グラップルはうまく使いこなせてない感すごいけど頑張って使っていきたい。レヴに「お兄ちゃんって呼んでいい?」とか「君って笑うことあるの?」とかニコニコ聞いてるのかわいい。サイコパスファインダーもいい。

【オクタン】

男として性癖であるレジェンドNo. 1、エロほくろ……薬やってないときの落ち着いた口調も好き。海外版だとより薬中感がある&常にオクタン感満載って感じだけど、落ち着きのある日本語音声も好き。フィニッシャーのイエッヘエー!をずっと聞いてたい。何度も言うけど男として一番好き。好き。

【クリプト】

ドローン楽しい。顔は全然好みじゃないし胸元のチェーンみたいなのだっせえ……と思うけど声はいいしレジェンドとして好き。野良だと意思疎通とれなくて難しい。仮面かぶるスキンかわいかったので1200青使ってとっちゃった。ドローンに夢中で最終円に気づかず入りそびれて死んだ苦い過去がある

【レヴナント】

最近の環境こいつ多すぎ強強い君。キャラクター的に仕方ないんだけど、「ありがとう」すら言わないで「感謝はしないぞ」とか言いやがるから使ってる側としては「てめー感謝しろよ」って焦る。特に野良。

ヒットボックスがでかいからなのか、自分が思っている以上に早く死んじゃうことが多くてちょっと困ってる。ゲッコウガみたいなスキンかっこいいから1200青使ってとっちゃったPart2

ロビーでの立ち回りは完全ににしおかすみこ。

【レイス】

1チームに1レイス。圧倒的に逃げやすいし攻めやすい接近戦の民。逃げのポータル攻めのポータル。でもいざ使うとめっちゃ忙しい。さよならしたい。初めてチャンピオン取ったの今思えばレイスだったな(初期パスファインダーばかり使ってたけど気まぐれでレイス使ったらたまたま勝った)

そんな安定の素敵なレイスちゃんなんだけど、バグなのかなんなのか、ホップアップがあっても何があったのか種類は教えてくれないのでキレそうになる

ジブラルタル

遠くにいても「あっジブだ」ってわかる、対面で戦うの怖い、こいつとレイスの足の速さ一緒とか嘘だろって思う。自分が使うより敵対することが多いのですが、ドームとウルトで攻めたり引いたりとにかく焦らされるイメージ。

白熊のスキンがめちゃかわいい。再販求。

【ブラッドハウンド】

一番最初に使って、わかりやすく強いなって思ったレジェンド。しかし気づいたら全く使わなくなってた。と思ったら最近またちょこちょこ使い始めてる。ハンティングビースト強いよ……ただ一人だけ残っちゃって激戦区に突っ込まなきゃいけない時とか、どちらかというとピンチなときに使うことが多い。天命よ……

バンガロール

あの被弾すると早くなるやつ、わりと便利なのではないかと最近思い始めている。スキンがいいのない。シーズン5バトルパスでもらえるあれ、何度見てもなんかおかしくて笑っちゃう。前に味方ジブとウルト合戦して最終局面が屋内で買ったことがあるけど気持ち良かった。スモークは敵にたかれると鬱陶しいが自分がたくとわりと強引に突破されるイメージ

ライフライン

仕様が変わったライフライン、非常に強いのはわかるんだけどなかなか責任が重い&生き残る自信がなくて使えない。バースデープレゼント!あ、な、た、がジャンプマスター!のイメージが強い(英語音声)

レジェンドやってる理由が良い子過ぎて年下なのにしっかりしてんなとしみじみ思ってる。

【ワットソン】

かわいい!かわいい!使い方が難しいなと思うレジェンド1位。アイオブザストームめちゃ万能だけどいつ置こうって迷ってるうちに死ぬんだけど、弾以外は受け付けないって凄すぎるよな。

たまに味方が家の外でもワットソン城を建設するときあって感動する。

【コースティック】

ガスおじ~、ガス強い。こんなのとれるか?と思ってた20秒以内に4人キルするみたいなバッジを唯一持ってるのがこの人だった。味方にいると、ガスで視界はめっちゃ悪くなるけどガードにはなる。自分自身がガスおじの場合はガスの中の人見えるからめっちゃ強いのはわかる。ガスとウルト、いつも投げるの下手なのでもうちょっとコントロールしたい。

【ミラージュ】

おちゃめなおじちゃんだと思ったけどわりと若いんだね。高田純次的なイメージ。一番最近開放したんだけどなんかやたらチャンピオンとることが多いので「あなたミラージュ向いてるんじゃね?」などと言われている。多分たまたまです。でもデコイ出しながら戦うのは結構好き。わりとみんな騙されてくれるし、視線が少しでもズレてくれたらそれでいい。でも肝心な時に騙されてくれない。

【ローバ】

唯一未開放(ブログ掲載時)8割ブルゾンちえみ。ホップアップとスコープとシールドとフェニックスキット見つける神。

友達がよく使ってて、一緒にホットゾーンや列車に降りてよいものだけ拾って出て行ったりするムーブやら、激戦区で悠々とショップ開く感じとかはよく見てる。後パンチするときのケツがいいよねローバ。

ジャンプドライブが純粋に使いづらそうなんだけどどうなんだろう。

 

 

 

以上。だらだらとすみません。

どのレジェンドも、魅力的だなと思うのです。スキンもいっぱいあるし、なんなら絵も描きたい。気づいたら愛しい。

武器への印象とかをツイッターでふらっと書いてたことがあった(下記参照)けど、それですら日々使うたびに変わるのですごいなと思います。PUBGとかずっとやってたけど、強いなと思う武器、ほぼ変わらなかったから……

 

 

 

過去にこんなツイートしてるけど、今はLスターは降りた直後に拾えたら強いなとも思ってるし、ウイングマンも最近拾う回数が増えました。一方でスピファイはほんっっとになかなか持たなくなった。不思議……最近はセレクトファイアプラウラーがやっぱ持てたら絶対持ちたいです。99orフラットライン+マスティフorヘムロック、後たまにロングボウ、など持つことが多め。

 

うまくなりたいねペクス。終わり。

何が書きたくて何が書きたくないのかわからない

日常的に何かを書きたい、と思うし、書いたからには公開するか、と思うし、実際に公開している。
正直公開したくないものもいっぱいあるんだけど、えいやっと勢いで公開している。今日のこれもそうである。

というのも、週に一回何かしらの文章を書いて何かしらの媒体で投稿するというゆるっとした自分ルールがあるからである。ていうかこのルール、作ってから、気付くと半年以上が経過していたっぽい。律儀に守ってるんでしたっけ、それとも守ってないんでしたっけ……いや多分守ってます。多分。で、先週分を今急いで投稿しなきゃな、と思って、「おはよう」ツイートとそんなに変わらないくらいの雑文を投げようとしているだけです。


そもそもこの週一ルール、なんで始めたんだっけ、と思ったんだけど、多分、「もっと書いて」と友人やらネットやらで、ネタかもしれないけどすらっと言ってもらったのが刺さってしまったのと、一応仕事柄よく何らかの文章を綴っているんだけど、それと趣味とは別だから、というなんかよくわからない修行的なやつなんだと思う。修行っぽくはないけど。

文章がうまいわけでもないし、誰にも需要がないかもしれないけど公開してしまうのは、公開しないとそれこそ後悔しそうだからかもしれない。いや、公開しても後悔することもあるので、これは矛盾なんだけど。

公開したくないけど公開するし、さらに言うなら、書きたくないけど書いているものもあるし、書きたいけど書いてないものもある。
後、タイトルの「何が書きたくて何が書きたくないのかわからない」に尽きるところ、あります。ここ十数年くらいずーっとそう。

雑記、小説、本や映画や動画やゲームなどの感想文、とか、いつも思いつきで綴っているけれど、最初は「書きたい」とか「書こう」と少なからず思ったからこそ書き始めたはずなのに、途中から「やっぱり書きたくないな」と思いながらも「でも書こう」となることよくある。というか最近大体そんな感じ。週に一回書かなきゃいけないから、というのもあるのかもしれないけど。

 

でも書きたくないことを文章にするのは、必要だと思ってる。何かを書いて文章にしてみるのは、小説の場合でも雑記の場合でも、自分の心の中の整理作業に近いと思う。考えたくないことほど人は考えてしまうし、もうこれ以上考えたくない、と思いつつもやっぱり考えてしまうほど囚われてるというのなら、せっかくだから文章にしたい。
心の声は自分の中の内の自分にしかはっきりと聞こえないし、気付いたら消えてしまうことがあるから、とりあえずなんでも文章にぶつけてみる。その後に拾い上げて、もう少しまとめてみたり、逆に下書きにぶちこんで数年放置したりする。でもまあそれはどっちでもよくて、そのとき自分が何を考えたのか記録できているのがちょっと安心するんだな~多分。

 

文章文章言ってるけど、人に話すために言葉にして口に出すのもそう。口に出してから、「あ~、自分はこんなこと思っていたのか」と納得する。口に出すのと文章にするのでは、そのときどきで今日は口の方がうまくいった、今日は文章の方がうまくいった、と成果が違ってくる。

ただこのご時世、人と話す機会が減っていくので(元々友人があまりいないからあれだけど)、このままだと口にして発する能力がどんどん衰えるのではないかと危惧もしていたり。

と、うだうだ言っているけれど、何かを習慣付けしていないと、何かができなくなっていくのが恐いから、口に出すのも文章を書くのも辞めないようにしていきたい。という何気ない叫びを、やっぱり公開したくないけど、後悔もしたくないので、公開して留めておくことにする。

嫉妬はバフであり、アタックではない

 


最近、同人女のお気持ち構文(と勝手に呼んでる)をめっちゃ読んでいる気がする。

多分おけけパワー中島(おけパ中)あたりで爆発して、最近の32歳腐女子でさらに活気が出てきた。

 

 

 

私自身、お気持ち構文を読むのが元々好きなんだと思う。

同人板の神やめスレとか友やめスレとか民草の独り言スレとか、やたらログを漁っていた時期があったし、はてな匿名も大好きである。

別に摂取したところで何か起きるというわけではないのだけど、今のSNSの状況を見ればわかるように、お気持ち構文はまた別のお気持ち構文を呼び、ネット上が感情の羅列だらけになる。なんだか、あの流れ自体が結構好き。なんてったって、普段表に出さないけど同人女であればやたら覚えのある(と個人的には思う)「微妙な気持ち」が露骨に吐露されるのがいい。特徴として、自分だけではなく他人を思い切り巻き込んだ感情文というのがいいのだと思う。さらに言うなら、他人を巻き込んではいるけど、自分の中で自己完結してるのがいい。

 


おけパ中、のマンガシリーズを読んだときの衝撃は凄かった。前述したように同人女のお気持ち構文というものは以前から至るところに存在していた。でも、それが創作漫画の題材として使われているというのは「新しさ」を感じたし、絵という視覚的に入りやすい媒体で扱われたことによって、これまでお気持ち構文に興味を示してこなかったり意識していなかったりした人にも思いっきり刺さってしまい、今に至るのではないかと想像している。

おけパ中の登場人物たちの良いところは、おけパ中への嫉妬心やどうしようもない神への偏愛に一人でもだもだした結果、自身の創作意欲に昇華していくところだな〜としみじみ思う。

 

石油王でもなければ芸能人でもないので、見下されている、と感じることはあっても、生きてて「誰かから嫉妬されている」と感じることってほぼないと思う。でも嫉妬って実はすごくちょっとしたことで起きやすいんだよなーとも思うので侮れない。自分が何に嫉妬するかどうかだって嫉妬してからでないとわからないし、自分の何が嫉妬されるかもわからないの、不思議。

ただ、なんせ嫉妬は色んな作用を起こしやすい感情なので、おけパ中の件のように昇華して自分のレベルアップを図れる人よりも、悔しさや敗北感で何もできなくなる人、嫉妬心を攻撃意識に変えて誰かを傷つける人の方が多い。特に後者の攻撃型の人は本当に勝手な考え方だと感じる、というところからタイトルに繋がる。

 


嫉妬はバフではあり、アタックではない。

「自分が相手に嫉妬していること」は相手にとって全く関係ないのである。しかし、それを相手にぶつけてしまう人は少なからずいる。そういうのを見ると、いつから自分が被害者だと錯覚していた? となる。

そもそもその人の嫉妬物語って、その人の中でしか発生してなくって、被害者どころか関係すらもしてない。本人の脳内では重要登場人物であっても、実際にはあんた誰? みたいなこと、よくある。嫉妬している相手は神様でも聖人でもなくてただの人なのに、自分の感情を盾にも矛にして、相手を傷付けるのはなんとも酷い。

だから、これはやたら何回も言ってるけど「時をかける少女」のこうすけに憧れてる後輩ちゃんとその友人が真琴を責めるシーンめちゃくちゃ地雷で、「うるせ~~しらね~~!!!」を貫きたいんですよね。急にめっちゃ細かすぎて伝わらない話になってしまったけど。


というところでお気持ち構文の話に戻るんだけど、自分自身が誰かを傷付けようとは思わないし誰かに傷付けられたくもないんだけど、何かで傷付いて、なんとか自分の言葉で感情に整理をつけようとしている人の文章は結構好きなんですよね。だからお気持ち構文読むの好きなのかもしれない。お気持ち構文書いてる人は、その対象本人ではなく基本的には文章に独り言としてぶつけているのが、良いよな〜。

 

嫉妬というのは基本的に醜いんだけど、美しく見える角度もあるし、美しくできる力がある人は、それこそ次は誰かの嫉妬の対象になる力を秘めてるのかもしれない。なんせ、バフだから。

などとやたら客観視してるけど、私も明日急にめちゃくちゃ嫉妬するかもしれないな、誰かに。ただ、そのときちゃんとバフにできるかの自信はないのであった。